Home » headline, バリ島ドキュメント癒しのリアルバリ?

@BALI@ 旅の思い出(4) ムーンライトサーフィン

2010 年 12 月 17 日 2,538 views One Comment
ムーンライトサーフィン
(2005年の日記より)
満月のビーチパティ―を抜け出して月夜の海に漕ぎ出した事がある。
海の中は思ったより暗く、月光に光る白波だけが浮き上がって見えていた。
その夜はもちろん満月の大潮でハイタイドの時間を待ってボードを持ち出した。
突然の余興にパーティーの酔っ払い達は指笛を鳴らし大喜びである。
思ったより暗い海の中ではうねりがすぐ傍に来るまで見えず、ドルフィンスルーで波を超えていくタイミングが難しい。
沖に辿り着くと反転し光るスープを頼りにボードを岸側に向け漕ぎ出した。月の昇る空と反対側にテイクオフした為波の斜面はほとんど見えない。足の裏に感じる波のパワーを頼りにボードコントロール。ボードは暗闇にむかって走り出した。
ビーチの方から歓声があがっている。
なんとか岸まで乗りボードから飛び降りた。酔っ払いの歓声をよそに俺はなんとも言えない神聖な興奮と感動をその時覚えていた。
今この瞬間に感じたもの、その何かをすぐさま確かめたくなりパーティーの盛り上がりをよそに再度沖にむかって漕ぎ出す。
今度はゆっくり身体全体で見えないうねりを感じながらアウトに向かった。普段昼間に何十年も感じてきた事を暗闇の中で確かめるように上下する自分の身体を意識し始めた。頭の先から足の指の先までこれまでにないくらい敏感になっているのが分かる。

2本目の波。テイクオフすると目を閉じてみた。
一瞬にして恐怖感に包まれる。

しかし足の裏はボードを通して波を感じている。意識を足に集中する。
ほんの数秒、たったの何秒間なのであろうが暗闇の世界をボードと共に走りぬけた。
やがてインサイドの気配を感じて再び目を開けた。

あの夜のあの感覚が今の俺のサーフィンに何かしら影響しているかもしれないと思う時がある。
しかしそれがなんなのかはわからない。

今夜は月が厚い雲に覆われてついに姿を見せなかった。

またいつかチャンスがあれば、あの時のあの感覚を確かめに月夜の海に浮かんでみたいと思っている。
http://www.youtube.com/watch?v=5AfTl5Vg73A&feature=related
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
ぽちっ

One Comment »