Home » headline, ★スペシャル企画★ クナパやねん!! 

@BALI@ ダンドットの花道〜♪(2) 理解しえない濃さがたまらなく面白いんだなぁ

2010 年 12 月 24 日 2,452 views One Comment

ウータン★ 「ダンドットの花道、いよいよ第二弾です。そう言えばダンドットってマレーシアにも当然あってね、その向こうはインドに通じてるって感じの、海のシルクロードを渡ってきたってことになるんだろうね?」

JK     「アラブの世界からイスラム教が東に進出してきたのと重なるわけですね?」

ウータン★ 「インドから海を渡ってマレー半島へ伝わって、そこから北に昇ろうとしたけれども中国っていう大国が控えてて、中国やばそうだからとりあえずインドネシア側に海をまわって行くか!ってことになったんだよね、きっと。」

JK     「そういう歴史と音楽、ようするに文化が重なってて当然ですよね。」

ウータン★ 「そうなると北上してスペイン軍のいたフィリピンの南部までがダンドットの世界ってことになるね。」

JK     「そうかもですね。そういう境界線みたいなところでは確かに紛争とかがありますけど、もしかしたら音楽的にはその長い歴史の中でいい感じに混じった独特の音楽なんかが生まれてる可能性もありますよね!w」

ウータン★ 「あり得るね。カレーうどんだったり、カレーパンだったり、、、。w」

JK     「音楽も下手に混じって、カレーバナナとかに間違ってなってしまってる場合も考えられますけど。w」

ウータン★ 「それも有り得るけど。w まぁ なんだかそういう歴史とか知らなくてもバリに初めて来たとき、『なんかここなんだかんだ言ってカレー味だな』って思ったよ。食い物だけって意味じゃなくてさ。」

JK     「エスニックなんて曖昧な言葉よくわかんなくてカレー粉使ってなくても辛ければカレー味って思い込んじゃうかんじですもんね、当時。w」

ウータン★ 「インド、、、インド、、、インドネシアだし、そっか親戚みたいなもんだな。だからカレー味。みたいな納得。w でも、、、なんて言うのテーブルとかに置かれてる灰皿とかもカレー味なわけ。その横にある花瓶に入った造花とかもカレー味に感じるんだよ、当時のオレにしてみたら。w」

JK     「そうでしょうね。その街を作る匂いとか色とか、、、もちろんTVやラジオから流れている音とか、、そういうのをカレー味と脳内センサーが反応していたんでしょうね。w」

ウータン★ 「まぁ 話また脱線し始めたけど、w そのカレー味の元になってた音楽っていうか、そういうの見つけたの!!w」

JK     「どこで見つけたんですか?」

ウータン★ 「実は、、、そのカフェで。w」

JK     「カフェってこっちのキャバクラってことですよね?カフェごはんでランチってわけじゃないですよね、けっして?w」

ウータン★ 「まぁ〜 そうです。w で、とにかく店に入ったら大音響でなんとも言えない音楽が大画面の映像と共に掛かってて。w」

JK     「大画面? じゃ、あそこですね? あっ あそこかな?w」

ウータン★ 「とにかく 笑っちゃいました。w コミックバンドなんかじゃないんですよ! 悪気のないカレー味なんです。w まず見てみて!!」

ウータン★ 「でね、オレひとり店に入ったとたん画面見入って爆笑なわけよ。でも女の子たちは『なんで笑ってるの?』って凄い不思議そうな顔してさ。w 『この映像面白くない?』って逆に聞いても全然らしいんだよね。w ギャグじゃないわけよ。w」

JK     「それはもう見飽きてってことじゃなくて?」

ウータン★ 「なにせこの人、ダンドットの凄いビッグスターらしくて、演歌の北島三郎とか、三波春夫ってことかな?だれもバカにしたりする人いないんだよね。w」

JK     「そうかぁ、この世界観がまだ普通に通用するところがインドネシアの深いっていうか、面白いところですよね。w」

ウータン★ 「今でも活動しているらしいよ。今回紹介したのは実際オレが見たバージョンではないんだけど、ライブなんだけどそれは凄くてさ。でもそっちは見つからなくて。とりあえず雰囲気伝わればと思ってね。それにしても是非見てみたいよねライブ。w」

JK     「見たいですね!ビヤーガーデンみたいなところだったら最高ですね!w」

ウータン★ 「もう一曲かけようかと思ってたけど、もうお腹いっぱいだね。w」

JK     「濃いですよね、カレー味のビールですよ。w」

ウータン★ 「そうね、こういうのは、たま〜にがいいね。w」

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
ぽちっ

One Comment »